前へ
次へ

正しい保湿ケアを行って乾燥肌を防ごう

乾燥肌を放置しておくと、シワやたるみ、毛穴など、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因になります。
そのため、日頃から保湿ケア化粧品を取り入れて、乾燥肌を防ぐことはとても大切です。
でも、どんなに良い化粧品を使っていても、間違ったケアをしているとその効果は半減してしまいます。
もしも保湿ケアで効果を実感できないときは、化粧品の使い方をもう一度見直してみると良いでしょう。
たとえば、化粧水の正しいつけかたです。
化粧水は、洗顔後のキレイなお肌に使用しましょう。
手のひらに適量をとり、顔全体に丁寧に浸透させます。
顔を手のひらで包み込みようにすれば、お肌の置くまで浸透するので、化粧水の効果をしっかり得ることができます。
また、寒い冬は乾燥が特にひどくなるので、一度手のひらで馴染ませた後、コットンにたっぷり化粧水を含ませて、もう一度パッティングしながら馴染ませてみましょう。
顔全体はもちろんのこと、気になる細かい部分にも化粧水を浸透させることができますので、より良い浸透力を実感できます。
その後、乳液で化粧水の蒸発を防ぐことで、より高い保湿ケアができます。

Page Top